精神安定剤は自分に合った薬を服用することが大切です。

以前、私はうつ病を患ってまして、お薬のお世話になった事があります。

覚えているものは、パキシル、デパス、トレドミンなどです。

特に、副作用がきつかったものは、パキシルでしたね。酷い便秘に悩まされました。

他にエビリファイもありますが、後で説明します。

パキシルを飲んでた頃は、浣腸が無いとダメでした。結構辛かったですね。

デパスは眠くなるくらいで、特に辛い副作用は無かったです。

この中では、トレドミンが一番自分には合ってた気がします。

今現在はこのトレドミンの日本での開発は、中止されているようですが、これを飲んでた間は、僅かながら、やる気が出てた気がします。

正直言って、この薬はもう扱ってないと思うと、残念です。

前に述べた、パキシルの副作用がきつかったものもありましたが、別の意味できつかったものはエビリファイという薬ですね。

意識がグルグルしたり、不安感がきつかったし、吐き気も酷かったです。

本当にこれを飲んでた間はかなり体調がおかしかったと記憶しています。出来ればもう、この薬は飲みたくないですね。

私が飲んでた薬はそんなには種類はありませんが自分に合うか、合わないかの区別はとてもハッキリしています。

月並みですが、自分には合わないと判断したら出来るだけ早く薬を変えてもらったらいいと思います。

延び延びになってたってろくな事ないですし。

要は、自分に合ったお薬を継続して飲む事が一番大事と思います。

(京都府・かしすさん)