デパスを飲んで気持ちが落ち着いたんです

私が精神安定剤を飲み始めたのは、職場での環境が苛烈になり、総ての仕事が管理職の自分に伸し掛かってきた頃でした。

自分は精神科に通院し、うつ病の診断を受けました。

そこで、医師の先生から処方してもらえたのが、デパスでした。

最初は少量で、後から少しづつ、もしも気持が落ち着かないようであれば増やしていく方式です。

最初に飲んだ時は、激しい眠気に襲われ、車の運転は出来ませんでした。

しかし薬に慣れてくると、なかなか高揚感が出て来て、気持が落ち着き、暗かった心のなかのもやもやが晴れていく感じがしました。

眠気も、慣れてくると収まって、日常生活でも支障はなくなりました。

薬には相性があるということです。

自分の場合は、デパスとは凄く相性が良かったのでしょう。

うつ病は、寛解とまではなりませんが、日常的な仕事が出来る程度には落ち着きました。

しっかりした判断力も戻ってきて、のしかかった仕事を分配する分別が戻ってきました。

少量で抜群の効果があったので、今でも量を増やさず、慎重にデパスと付き合っています。

デパスは精神安定剤としては入門編のような薬だそうですが、自分にとってはまさしく救世主でした。

今でも薬が途切れると不安感が増します。

一生付き合っていく薬になると思います。

(東京都 シグナルさん)