自分でできる自律神経失調症の対処法

世の中は、慌ただしく心身ともに疲れを溜めている人がたくさんいます。

その疲れも肉体的な疲れであれば、睡眠である程度カバーできますが、ストレス等、心から来るものであれば話は違ってきます。

人間の活発な活動を司る交感神経と活動を休め癒やしをあたえる副交感神経のバランスが崩れ自律神経失調症になっていくからです。

失調症を改善していくには、不規則な生活や対人関係等から来るストレスが原因の1つと考えられています。

改善する為に、ビタミンやカルシウムを摂取することでイライラ感や怒りっぽくなることを抑えてくれるのですが、他にもおすすめの対処法があります。

それは腹式呼吸です。

最近、健康ブームの影響で気功を行う人が増えているのですが、これも腹式呼吸が基本となっており、自律神経失調症には大変多効果があるものとして注目されています。

腹式呼吸は普通行っている肺呼吸とは異なり、横隔膜の動きを活かした呼吸法です。

これを常態化することで、精神的な安定感を得ることができストレスの解消にもる訳です。

人の脳波でリッラクス状態にすることでα波というものが発動されてきます。

これにより精神と身体のバランスが上手く調和され心身ともに健康を手に入れることができます。

その際も腹式呼吸を行うことがボイントとなるのですが、この方法は特別な今日室に通うこともなく自分で取り組めることから、自律神経失調症の対処法としておすすめの方法です。

もし、失調症で悩んでいる人であれば、すぐにでも取り組んでほしい手段です。

(神奈川県、ドーレさん)

自律神経失調症って治るよ

私は以前自律神経失調症で、病院に通っていました。

処方された薬は、デパスとレクサプロ、睡眠薬は名前を忘れていしまいました。

自律神経失調症の症状としては、不眠、不安、冷え、肩こり、情緒不安定、パニックなどなどたくさんあります。

ひどい時は、電気をつけたまま一日中泣いていたり、体が痛くて動かなくて、着替えも苦労していました。

薬を飲んでやっと重い体が動きます。

太っていたから重いのではなく重だるい感じ。

しかし、私がストレスの原因である職場を辞めてからも、不快な症状は続きました。

次第に、これは薬の副作用なんじゃないかと思うようになりました。

寝れないから睡眠薬を飲むけど、昼すぎても眠気が続いたり、倦怠感が一日中残ったり、精神安定剤もだんだんと頭をおかしくしていくのを実感していくうちに自分が薬に支配されてしまうのではないかと怖くなりました。

例えば、記憶が薄いとか、目がラリッてくるというか・・・。

うまく説明できませんが、とにかく自分でも異変に気付いたし、でもどこかでそれが楽であり、薬を飲んでいたいと思っている自分もありましたが、周りの人のおかげで、しっかりしなくては!と思い断薬しました。

最初の数週間は辛かったのですが、私はここで終われないと思って耐えました。

職場でのストレスはいじめでしたが、ここで私がダメになればくだらないイジメのせいで人生を棒に振るみたいで嫌でした。

でもそれが高い授業料だと思えればかっこいいと思って何とか耐えました。

だから、対処法は自分の信念と周りへの感謝です。

(大阪府 ひとでさん)




骨のゆがみを整えて自律神経失調症を克服

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで起きると言われています。

私の場合は、職場が変わったことと同時に友人関係でトラブルが生じたことがきっかけで、ストレスから不眠になり、頭痛やめまいになやまされることになり、自律神経失調症になりました。

心療内科にも通いましたが、あまり状況が改善しなかったのと、薬に頼りたくなかったので、母の勧めでカイロプラクティックに通いました。

姿勢の悪さと長時間の立ち仕事で、だいぶ体がゆがんでいました。

カイロに通い、体のゆがみが治ってくると、血流がよくなり、手足の冷えが改善され、頭痛がなくなりました。

さらに、低血圧でそれまで朝食はほとんどとらなかったのですが、食欲がなくても、野菜スープや根菜の味噌汁などの温かいものを食べるようにしました。

しばらくすると、頭痛がなくなったほか、カイロに行った日はよく眠れるようになりました。

ストレスの素となっていた友人とは、なるべくかかわらないようにし、ストレスをためないように、無理をせず休日はゆっくりと体を休めるようにしました。

休息をとり、骨のゆがみをなくしたこと、そして、三食きちんと食べるようになったことで、やがて、不眠やめまいといった症状もなくなりました。

(静岡県 ペンネーム めーめーめーさん)




自律神経失調症を治すには呼吸法とビタミン

私は子供の頃から自律神経が弱く病院の先生にも明言されていました。

40代を超えてくるとホルモンバラスンも悪くなり精神的にも肉体的にも苦痛を感じる事が多く悩んでいました。

体を動かす事が良いと感じ通いだしたのがヨガです。

ヨガの呼吸法を学ぶ事によって自分で「今はまずいかも」と思う時も辛いなり鼻呼吸を心がけ対処しています。

なかなか呼吸が入っていかない時はクヨクヨしてしまいますが先生のアドバイスをもらいゆっくり呼吸をする事にしています。

そして動きたくない時もあるけれど体を曲げたり伸ばしたりしながら自分の体に向かい合っていく事は自律神経にもすごく良い効果を与えている気がします。

色んなポーズがあるのでその時々に自分が一番したいポーズをしながら頭の中を空っぽにして良い流れが来るのを待ったりしながら強くしていこうと努力しています。

あとビタミンCタケダを飲んでいます。

ストレスにはビタミンCと聞いたので食べ物だけでは補えないので不安に思う時は摂取する事にしています。

生理前は特に自律神経の働きが悪くなるのでかかせないサプリになっています。

キウイにも沢山のビタミンCが含まれているのでこれも常に食べるようにしています。

病院の薬も試しましたがどうもうまく付き合えなかったので自分なりに工夫をしながら過ごそうと思ってます。

(北海道 リリーさん)




恋で治った自律神経失調症

現在私は30歳。

心療内科で自律神経失調症の診断を受けたのは、大学4年生の秋、就職活動中だった。

何となく体の調子がおかしいな、と感じ始めたのが高校1年生の終わり頃。

それから大学受験を終え、大学卒業前に心療内科へ行くまで、ずっと一人で戦っていた。

うつ病という病名がだんだんと一般的になってきていた時期だったけれど、やはり心療内科に行くこと自体に抵抗があり、まわりの目も気になった。

家族にも友人にも相談できず、ただひたすら自分は甘いのだと言い聞かせた。

それが就職活動と重なり、余計に症状が悪化。

もう自分ではどうにも対応できなくなり、大学内の相談課へ相談に行き、そこで心療内科へ行くことを勧められ、もう頑張らなくていいよ、と声をかけてもらうことができたのだった。

それから心療内科を訪ね、薬を飲み始めた。

できれば極力薬は飲まない主義だったから、かなり抵抗があったけれど、今回はどうしても自分が元気になりたくて、しばらく薬を飲み続けた。

すると、急な腹痛や、お腹がきゅるきゅる鳴る症状がなくなり、何となくやる気も少しでてきた。

結局、就職活動をほとんどしないまま大学を卒業し、アルバイトの生活をしばらく続けた。

一生このままの生活でもいいかと考えたけれど、やはり大学時代に就職活動を終え、正社員として就業している友人たちに対して、悔しさと情けなさを感じた。

「私も航空業界で正社員として働きたい。」その思いも強くあり、まずは派遣の仕事に就いた。

その頃になると仕事にも普通に行くことができるようになったけれど、やはり夜は眠れず、仕事のない日は一日中寝ているばかりの日が続いた。気分的には、生きているのか死んでいるのか幸せなのか不幸せなのか何も感じることができなかった。

そんな生活が少しずつ変わるようになったのが、恋愛をするようになってからだった。

相手は同じ社内の男性で、片思い中は、むくむくとやる気が出て、丁寧に化粧をし、服装にも気を使った。

付き合う段階になると、今度は恐怖を覚えた。

自分の症状を知られたら嫌われるのではないか…と。それでも彼は受け入れてくれ、私も本当に少しずつ少しずつ心を開いていけるようになった。

それからは、それまでの失った時間を取り戻すかのように、休みの日も外出をし、習い事もたくさんした。

新しく友人もできて、毎日が本当に楽しくなった。

残念ながら、一番辛い時期に支えてくれた彼とは一緒になれなかったけれど、今、結婚し外国で幸せに暮らしている。

私が元気になれたのは、ありのままの自分を受け入れてくれる人に出会えたこと、そこから全てが変わっていった。

一人では、きっと解決できなかったと思う。

それまで自分にできること、海外へ一人旅に出たり、涙が枯れるまで泣き続けたり、気分が乗らなくても無理に友だちに会って気を紛らわせようとしたり、できることは全部試してみた。

でも、何も変わらなかった。

だから何をしても期待せず諦めるようになった。

そんな時に出会った彼だったから、諦めないことを教えてくれた人だったから今でもこれからも一生大切な人の一人だ。

そんなに都合よく自分を変えてくれる人に会えるということはないかもしれない。

だけど、自分の夢もやりたいことも諦めないでほしい。

時間はかかってもいつかきっと良くなって、夢に向かう活力が戻ってくるから。

少しずつでいいから、きっと全て良くなっていくと信じて毎日を過ごしてほしい。

(カナダ chicoさん)




スポーツをして体から汗を流すことは自律神経失調症に効果あり

現代の若い人たちは運動をほとんどおこなうことがなく家でスマートフォンやパソコンしている人がとても増えてきていますが、このような生活習慣を毎日行うことは自律神経にとって非常に悪く、自律神経失調症になる可能性がとても高まってくるようです。

最近では家の中でゲームを行ったりする人たちがとても増えてきていますので、どうしてもスポーツをする人口が減っているといわれています。

体を動かさなければ当然自律神経が異常きたす場合が多く、きちんとスポーツをして汗を流すということは体の機能にとってとても重要なことでありますので、毎日きちんとした定期的な運動を行うことがとても現代の人々にとって必要なことになります。

自律神経失調症は自律神経が乱れてしまい苦しい症状や多くの異常な症状を出してしまいますので、そのような場合にはすぐに日ごろの生活習慣の改善を行うことが重要で、スポーツをするという行為は自律神経失調症改善の大きな役割を担うことになります。

汗をかくということは体の機能にとって重要なことですので、スポーツをすることによってきちんと老廃物を体外に排出することで、体の機能は正常な動きをするようになってきます。

毎日少しでも汗を流す習慣を身につけることは今後自律神経失調症を改善するためにも、対処方法としても必要なことです。

(岡山 真ちゃんさん)




太陽の光を浴びることが自律神経宗教省の対処方法として最適

人間は当然太陽の下で生きていますので、太陽の光を浴びるということは体の調整をするためにはとても重要な要素となっています。

太陽の光をしっかり昼間に浴びれば自律神経が正常な動きをしてくれますので、自律神経失調症の対処方法としましてはとても効果の高い方法となっています。

昼間に家に閉じこもってばかりではなく、きちんと外に出て太陽の光を浴びることで、自律神経が正常に動いてきますのでほとんど自律神経失調症の症状がひどくなることもありませんし、回復の傾向を見せる可能性が高まってきます。

一番良いのはきちんと体動かすことが重要で、運動を毎日欠かさず行うことが重要です。

太陽の光の下で体を動かすという行為は自律神経にとってとても重要な行為でありますので、ウオーキングをしたり散歩したりすることで非常に自律神経は正常に活発に動いてくれます。

人間の体は当然動かすためにできていますので、動きが少ないと精神的にも神経的にも異常をきたす場合が多く、きちんとした運動を行うことによって自律神経は活発に動いてくれます。

自律神経に悩んでいる場合にはすぐにでも日ごろの生活習慣の改善を行うことが重要で、太陽の下できちんと直射日光を浴びることも対処方法の一つとなります。

(岡山 ソウチャンさん)

自律神経失調症によい呼吸法

自律神経は自分の意思で働かせることができない神経です。

自律神経は内臓、瞳孔、汗腺などの働きを支配しています。

消化活動を自分の意思で活発にすることはできないし、汗をかこうと思っても意図的にかくことはできません。

自律神経を意志で動かすことができないからです。

唯一コントロールできるのが呼吸です。

呼吸をコントロールすることで自律神経のバランスを調節することができ、自律神経失調症の緩和が期待できます。

ストレスを感じているとき、無意識に呼吸を止めたりセカセカと呼吸をしています。

このときは交感神経が活発に働いています。

リラックスしているときは深い呼吸をしています。

深い呼吸をするとリラックスしているときに活発に働く副交感神経が優位になります。

自律神経失調症によい呼吸法は深い呼吸です。

吸う前には息を思いっきり吐きます。

もうこれ以上息を吐けないというくらい吐きます。

このときにゆっくりと長く吐くようにします。

吐ききったらお腹の緊張をゆるめて息を吸います。

吐く息の半分くらいの時間で吸い切ります。

吸うとおきはお腹が膨らみます。

お腹に手を当ててお腹が膨らんでいるか確認していください。

この呼吸法を数分間続けているとリラックス効果があり、自律神経失調症によいです。

(千葉県 マーマーさん)




私の自律神経失調症対処法はふくらはぎの刺激

自律神経失調症になると、突然お腹が痛くなったり赤面してり鼻水が出てり本当にストレスがたまるものです。

だからこそいろいろと対策方法もありますが、自律神経は血流を改善したら同じように改善しやすいものとなります。

脳血管とか結石とかガンとか全ての病気は血流の流れが悪くなることが原因です。

全ては無理をすると流れが悪くなることが多いです。

「気」枯れしていくわけです。

それを防ぐためには「気」の状態をよくして血流改善することが重要です。

では血流改善するためには、どうすればいいのか?ふくらはぎを揉んでやります。

ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれていて血流改善に大きく関与しています。

強さは心地よいくらいでお風呂の中とか気持ち悪くなった時に揉んでやると良いでし。

ふくらはぎに刺激を与えればいいので、特に揉むとかしなくても違う方法も試せます。

例えば、トランポリン、縄跳び、エアージャンプです。

これらに共通することは、ダイレクトにふくらはぎの筋肉を刺激させています。しかも連続という意味で全て共通しています。

連続して持続的な運動で血流を促進すべき運動なのです。

回数は、無理なくできるだけ多くやるのが一番良いです。

無理しないことが血流改善のためそこから自律神経失調症に必要です。

(岡山県 ラストさんさん)




リノール酸の豊富なコムギ胚芽で自律神経失調症を治す

仕事先で倒れてしまったことがあり、自律神経失調症ということがわかりました。

インターネットや書物などで色々と調べたのですが、できるだけ自然な方法で良くしていきたいと思いました。

そこで今取り入れている方法は、コムギ胚芽を日々の食事メニューに取り入れることです。

コムギ粉をつくるさいに、不用となる胚芽だけを集め、これを食べようというのがコムギ胚芽です。

欧米では、長生きの親ともいわれているようです。

日本で売られているのは、ほとんどがカナダ産です。

この愛用者は、胚芽の栄養分の優秀さを認めつつも、なんとなく玄米では残留農薬や消化の点に心配があるという人が、白米食にこれをプラスするばあいが多いようです。

また、玄米食をしながら、さらにこのコムギ胚芽を食べるという人もいます。

コムギ胚芽の中には、ビタミンEのほかにリジン、スレオニン、バリン、メチオニン、ロイシンといったアミノ酸類、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸、ニコチン酸などが豊富に含まれています。

このため、胚芽をとっていれば、脳下垂体や副腎の働きを活発にして、自律神経を正常に保って、肝臓の機能を高めて、つねにスタミナをつけておくことができるといわれています。

食べ方としては、みそ汁、ハンバーグ、ふりかけなどに混ぜます。

(富山県 とししさん)

>>リノール酸を含むサプリメントはこちら