にんにく玉でパニック障害の動悸やめまいがめったに出なくなりました。

注目

にんにく玉でパニック症に対処した体験談です。

私は以前からパニック障害と言われています。

パニック障害のひどい動悸やめまい、いろんな症状が出てとても苦しんでいました。

何度も救急車を呼んでもらった事があります。

でも、病院へ着くころには、パニック障害の症状が落ち着いているのです。

いつもその繰り返しでした。

だから、私は何とかして、少しでもこのパニック障害を対処したいと思っていました。

そんな時出会ったのが、にんにく玉というサプリメントなのです。

にんにく玉

にんにく玉を飲み始めて二週間ほどで、私は実感したのです。

気が付いたらパニック障害の動悸がありませんでした。

あんなにもひどいめまいも、めったに出なくなったのです。

にんにく玉粒

かなり対処されてきています。

でもまだ少しは不安になる時もあります。

それは以前のように、ひどくはありません。

やはり何事も少しずつですが、良くなってきているみたいです。

私はにんにく玉を毎朝三粒と毎晩三粒を飲むようにしています。

にんにく玉粒

たったそれだけなのに、にんにく玉の効果が出てパニック障害の症状が軽くなってきているのです。

にんにく玉が、こんなにもパニック障害に効果があるなんて思いませんでした。

今ではにんにく玉がないと生活ができません。

ずっと悩んできたパニック障害が、少し遠ざかったような気がしています。

毎日欠かさずに飲む事がいいのです。

にんにく玉は健康にも良いし、美容にも良くてパニック障害には欠かせないでいるのです。

もし、私のようにパニック障害に悩んでいる方がいたら、私のように絶対に効果があるとはいいませんが、そんなに値段の高いものではないので、一度、にんにく玉をためしてみてもいいかと思います。

(三重県 かかみさん)

>>にんにく玉をこちらのサイトから購入しました。







パニック障害にはセロトニンを含むマインドガードDXが効果がありました。

私のパニック障害はマンイドガードDXで、何とか落ち着いてきています。

マンイドガードDXはセロトニンを含んだのサプリメントなのです。

私はマインドガードDXをしっかりと睡眠をとりたい時に、飲んでいます。

もともと不眠症の人が飲むものでもあるようです。

このセロトニンのマインドガードDX が、パニック障害にとても効果があったのです。

マインドガード

マインドガードDXに含まれるセロトニンがノルアドレナリン神経に刺激を与えてくれるそうです。

ノルアドレナリン神経の興奮を適度に抑制してくれるとても素晴らしいものだそうです。

だからマインドガードDXがパニック障害の抑制もしてくれるそうです。

私はマインドガードDXを飲むようにしたのです。

マインドガードDXはこんな液体です。

マインドガードは液体

本当は錠剤やカプセルが持ち運びも便利で、飲みやすくて良かったのですが、ありませんでした。

だから私はこの液体のマンイドガードDXを飲んでいるのです。

本当に少し飲むだけで、とても効果を発揮してくれるのです。

そして液体のサプリは、吸収がとても良いみたいです。

早めに効いてくれるところもとても嬉しいのです。

私がパニック障害の症状がでるときは汗をかなりかいて、めまいもとてもひどかったです。

どこにいても、誰といてもパニック障害の症状は起こったのです。

突然に症状が発症するので、何の対処もできませんでした。

でも今では毎日このマインドガードDXを飲んで、日頃から対処しているのです。

おかげで、私は何とかパニック障害の発作を起こしにくくなってきたみたいです。

(三重県 ななみんさん)

>>マインドガードDXの購入をこちらから購入しました。







パニック障害の症状が運動で軽くなりました。

数年前、突然自宅で過呼吸に襲われました。

理由がよくわかりません。

手足がしびれ立てなくなり、めまいがして、そのまま落ち着くまで横たわっていました。

死ぬのかなと思いました。

それからは電車も乗れなくなり、スーパーもいけなくなり、そして友達のお家に遊びに行ってもおかしくなるという状況になりました。

病院にいくと、自律神経失調症・パニック障害と診断されました。

たぶんそうかなと思っていたので、納得できました。

薬を処方すると言われましたが、薬はもらいませんでした。

専業主婦で、日々無理をして何かしないといけない状況ではなかったので、それからは無理をしないことに気をつけました。

スーパーは人の混まない夜にいく、気持ち悪くなったら、一度外に出て深呼吸。

しばらく人に会わない。

電車もむりして乗らずひたすら歩く。

そして、運動を始めました。

ジョギングです。

一人で、自分のペースで行いました。

そんな生活を2年間やりました。

体が丈夫になって気持ちが強くなってきたと思います。

ジョギングで長時間呼吸を一定に保てるのだから、私の呼吸は正常だという気持ちも生まれたと思います。

そして一番は友達にカミングアウトしたということです。

外でのランチがだめなら、公園に行こう、それが大丈夫なら友達の家で出前を取ろう。

テラスのある開放的な場所でランチにしようなど、周囲が協力してくれました。

今でも不安なことは多々あります。

でもパニック障害になっても私は大丈夫なんだ、死なないという強い気持ちもあります。

何か起これば周りの人がきっと助けてくれる、恥ずかしいことじゃないと思えば気が楽になります。

(東京都 RUNRUNさん)




私が体験したパニック障害に対する対処法と、その後の予防に関するお話

以前に私は人の多い電車の中で突然パニック障害になってしまったことがありました。

私は以前から極度の緊張持ちで、何か特別なことがある日などには何時間も前から人一倍緊張してしまう体質でした。

しかし、そのパニック障害になった日は特別もの凄く緊張するような出来事やイベントがあったわけではなかったので自分自身驚きました。

何にしてもその場で電車に乗り続けられる状態ではありませんでしたので、すぐに一番近い駅で下車して駅のベンチに座りました。

その時の実際のパニック障害の対処法ですが、私は以前気持ちの問題で都立病院の神経科に通院していたことがあり、その際に不安時に飲むと効果があるお薬を頂いていましたので、まずはそのお薬をお水で飲みました。

お薬の名前は『レキソタン』という名前のもので、不安な気持ちが自分でコントロール出来ない際に飲むための、神経に効果を発揮するお薬です。

パニック障害になってしまったそのときにレキソタンを持っていて本当に良かったと感じます。

その後は取り敢えず無理に動かず、家族など信頼出来る人へ連絡を取って、気持ちを落ち着かせました。

私は20分ほどその場から動かないで、水を飲んで自然と落ち着くのを待ちました。

後日、私は先ほど言いました神経科に行くと、医師の方から「疲れていたので神経が情緒不安定になっていたのと、人混みの中にしばらくいたのが原因の中にあると思う」と言われました。

それと、先ほど私が書いたパニック障害発症時の対処法はかなり良かったと言って頂けました。

それからは体調がすぐれないときはあまり無理せず、あまりに電車が混んでいる際は時間をづらしたり、予めお薬を飲んでおいたりして先に予防しています。

以上、私が体験したパニック障害に対する対処法と、その後の予防に関するお話でした。

(東京都 トロロさん)




パニックを重くしないように薬を持ち歩いています。

私は3年前パニック障害になりました。

明け方、寝室にいたところ、急に胸騒ぎと不安がわけもなく襲いかかってきて、居てもたってもいられなくなりました。

子供のころ、私が寝静まったのを見計らって、両親が出かけてしまったことがあるのですが、その夜に限ってたまたま私が起きてしまい、両親が居ないことの不安で大声で泣き出してしまい、私の鳴き声に気づいた近所の人が家に来てくれて抱きしめてくれたことがあったのですが、その時の不安によく似ているなと思いました。

初めて心療内科に行き、この不安でいたたまれなくなる症状が「パニック障害」ということを知りました。

まさか自分がそんな病気になるとは思ってもみませんでした。

それから何度か発作を起こしていますが、自分なりのパニック障害の対処法を見つけました。

それは、「薬」の存在です。

私は初めての発作のあと、心療内科で診断を受け、安定剤を処方してもらったのですが、この薬、飲まなくても「発作が出ても薬がある」という安心感が持てるということだけで、かなりの効果があるかと思いました。

心療内科や精神安定剤に頼り続けるのは嫌だという不安を持っている人もいますが、パニック障害が出ている人はぜひ心療内科で診断を受け、薬を処方してもらってください。

医師に話すことも、不安を一人で抱えることから解放され安心することができますし、薬を処方してもらいそれを常に持ち歩いていることが何よりの「薬」になります。

(東京都 わっしょいさん)




パニック障害は個々により対処方法は異なります

パニック障害とは、こころに余裕が無くなること、どうしていいのかわからなくておこる障害であります。

つまり解消する方法や逃げ道等をつくることで、パニックとなる気持ちを抑制することが可能といえるでしょう。

どのようなことで、自身が安らぎを感じるのか、対処法を整理しマニュアル化したものを所持することで安心感が得られ、パニックとなることを抑制することも可能でしょう。

日々の生活をスケジュール化するといったことで、パニックとする症状を抑制とすることも可能であります。

不安感や混乱が招くものであり、その対処法を用意しておくことで心に安心感やゆとりを与えるのであります。

薬で抑えるという方法もあるでしょうが、薬にたよらず自身の力で対応できることが理想であります。

自身で対応することができればそれが自信となり、パニックになることも減少とすることも可能といえるでしょう。

物事に対して自信をもつこと、もてることが症状を解消・軽減へとつながるのであります。

音楽をきくことで、心を落ち着かせることが可能だという方もいるでしょう。

その場所に行くことで解消とすることが可能という方もいるでしょう。

どのような方法でもよいのでございます。

自身の力で努力し、解消しようとする気持ちが大切であり、重要なのであります。

向上心こそが治療の特効薬なのであります。

(大阪府、みまっちゅさん)




私がパニック障害になったら食べ物で何とか対処しています。

二年前から私はパニック障害と診断されました。

何をしても、動悸がしたり汗をかいて落ち着きがないのです。

そして不安で仕方がないのです。

きっと私はこのままでは死んでしまうと思ってしまうのです。

誰も私を助けてはくれません。

助けれないのです。

薬を飲んでもだめでした。

だから口コミで見た、食事で何とか対処しているのです。

アミノ酸を多く摂るといいとわかったのです。

だからお豆や海苔、チーズなどをしっかりと食べるようにしているのです。

それらと一緒に、果実のジュースを飲むようにしているのです。

ビタミンが不足しないように、高価ですがウナギを食べています。

あさりやレバーもいいと聞きました。

そしてたばこを減らすようにしたのです。

以前は大好きだったたばこもやめたのです。

大好きなファーストフードも我慢なのです。

見るとついつい食べたくなりますが、必死にこらえるしかないのです。

甘いチョコレートもポテチもあまり食べないほうがいいでしょう。

それを守っていたら、私は発作が少なくなってきました。

パニック障害がひどい時は誰もが驚くくらいの症状を起こしているのです。

でもそんな事もなくなって、今では快適に生活ができるようにもなったのです。

食べ物で何とかパニック障害の対処がきているのです。

(三重県 ななみさん)




パニック障害になったらまずは落ち着いて…

私は人ごみに行ったり人に囲まれたりすると、発汗や頭痛、耳鳴りが起こります。

人に囲まれているという事が不安に繋がりそういった症状を起こしてしまうそうです。

高校時代、友人がいなかった私の周りに、私を気にせず囲うようにして話をしている女の子達がとても怖く、早くどこかに行ってほしいと思いながら頭痛や耳鳴りに耐えていました。

今でも人に囲まれるのが怖く感じ、バスや満員電車でとても辛い思いをしています。

現在、大学で心理学を学んで、パニック障害について触れる機会があったので調べてみたのですが、

パニック障害は不安障害と呼ばれる精神障害の一部で、ストレスなど心理的な原因により起こるそうです。

そのため、まずストレスや心の負担を減らすことがパニック障害の対処に繋がるのではないかと思います。

目をつむって、視界の情報をなくします。周りを見ないことで、自分がストレスに感じている風景や環境を、ないことにするのです。

そしてゆっくり深呼吸し、息を整えます。呼吸困難が発作として現れる場合もあるそうなので、深呼吸は効果的だと思います。

また、余裕があればリラックスする音楽を聴いたり、何か落ち着くものを想像するのもいいのではないでしょうか。

現実逃避のような方法ですが、パニック障害の症状が軽くなり、少しでも気持ちが落ち着けばいいのではないかと思います。

パニック障害の症状を抑えるためには、まず落ち着くことが大切です。

(茨城県 ありさん)




パニック障害で大好きなお酒もやめました

私は体調が悪かったので、病院へ行ったのです。

その時パニック障害と診断されて、精神安定剤を出してもらいました。

でもその薬とお酒を一緒に飲んで、私は死ぬ思いをしたのです。

それ以来、しっかりとパニック障害と向き合おうと思いました。

突然動悸を起こしたり、息苦しくなったりなるので自分自身どうすればいいかわからなくなるのです。

でもそんな時落ち着く事が大事なのです。

でもそう名てしまうと、落ち着きはなくしてしまうのです。

それがパニック障害だったのです。

恐怖心が襲ってきます。

どうすればいいかわからなくなって、私はとても不安になるのです。

とにかく薬を飲んで様子を見ます。

これがうつ病の人にも出される薬なのです。

この治療を続けることがとても大事なのです。

しばらく様子を見て、それでも無理なら次の段階へ進む事になるでしょう。

まずはストレスから自分自身を守る事が大事なのです。

仕事上でも家庭でもストレスを抱えないようにしないといけません。

私は自分がパニック障害だと言う事を、まわりには話しています。

この病気には理解が必要なのです。

そして発作が起こった時、助けてもらわないといけないのです。

自分だけでなくまわりにも助けてもらうのです。

(三重県 なっつさん)




パニック障害のわたしがやったこと

十年ほど前に、心療内科でうつ病と言うよりもパニック障害と言われたことがあります。

もうあの当時のつらい症状は消えましたが、おそらくあれはいま考えるとうつ病ではなくてパニック障害だったのかもしれません。

パニック障害にうつ病を併発していたのでしょう。

その当時は電車にも乗ることができませんでした。

不安が押し寄せてきて動悸が始まり、恐怖で身動きが取れなくなってしまうんです。

倒れたらどうしよう、気分が悪くなったらどうしよう、そんなことが頭の中をぐるぐるぐるぐると回るんです。

本当に地獄でしたね。

そういうときにわたしはどのように対処していたかというと、まずは音楽を聞くんです。

音楽を聞いて気を紛らわせるんです。

そして自分を褒めてあげて、なんども言い聞かせるように自分は大丈夫だと言うんです。

そして、そのままそういった感情を外に放り投げてしまう。

そういったことをしていました。

パニック障害の対処法とは少し違うかもしれませんが、とにかく何でも少しずつやっていくというのは確実に効果がありました。

電車に乗るのがつらいのであれば、一駅ずつ挑戦していく。

大丈夫だったことを自分にわからせていく。

そういうことを繰り返していくんです。

しばらくそういったことをやっていたら、かなりのことが大丈夫になっていました。

これは森田療法のメソッドに近いものがあると思います。

それなりに時間はかかりましたが、投薬を受けながらこういう行動療法を繰り返していまではもうすっかりと全快していますね。

病気で苦しまれている方はぜひ主治医と相談した上で試してみてください。

(東京都 ともぞうさん)