リボトリールを精神安定剤として用いて

私は3年前から元々持っていた不安障害が悪化して、抑うつ状態と診断された時がありました。

その頃は何も意欲がわかず、毎日苦しく、でも何とか家事と育児をこなしている状態でした。

色々な薬を試していて、処方されたのがリボトリールです。

リボトリールはてんかんなどにも用いられる薬ですが、安定剤としての作用もあり、不安薬の中ではかなり強い方に分類される薬のようでした。

不安に対する効果が高く、作用時間も長い薬で、それを試してみました。

結果としてかなり効きました。

飲んでしばらくしてしっかりとした効果を感じましたし、作用時間が長いので一度飲んだらかなり長い間落ち着いていられました。

その時の私にとっては、この薬に出会えて良かったという気持ちでした。

ただ副作用もあります。

私が特に感じたのは眠気でした。

寝る前に飲んだ場合には、不眠だった私も睡眠薬に頼らずに寝られることもありましたし、起きた時に眠気が抜けないこともありました。

車の運転をすることもあったので、それを考えると怖いなという思いもありました。

吐き気などは特にありませんでした。

リボトリールは効果が強いので、長く飲んでいると依存性を生じやすいとも言われますが、私の場合は徐々に量を減らし、特に依存性はありませんでした。

(兵庫県、YUIさん)