うつ病で飲んでいる精神安定剤

うつ病にかかって、7~8年くらいです。

精神安定剤と呼ばれる種類の薬としては、レキソタン、ソラナックス、リーゼを飲んだ経験があります。

他にも睡眠導入剤、抗鬱剤など何種類か飲んでいますが、ここでは割愛します。

レキソタンは今も継続して飲んでいる薬です。

私は何かあるとパニックになってしまうので、これを飲むことで精神を落ち着かせて、むしろぽんやりするくらいの状態にしてくれています。

なので、眠くなりがちで昼寝は欠かせません。

昼寝する事は、先生も推奨してくれています。

ソラナックスは、のどの詰まりが酷かったときに出されていました。

一時期、何をするにしてものどが詰まった感じがして、食事をするのも辛い状況でした。

ソラナックスで、のどの詰まりを少しなくして、なんとか食事するくらいまで持っていっていました。

リーゼは、頭の中がわんわんしてきたとき、頓服薬として出されていました。

最近は病気もよくなってきていて、次減らすとしたらレキソタンだと先生はおっしゃっていました。

以前は、調子悪いことを先生に言うと、そこから雪だるま式にどんどん増えていって、両手に収まらないくらいの薬を飲んでいましたが、病院を転々として、今の先生に巡り合ってからは半分くらいに薬も減り、調子もよくなってきました。

なんとか一人で外に出る事もでき、少しずつ病気は良くなっています。

(千葉県 とろろさん)




抗不安剤のレキソタンを服用した感想

私は10年ほど前からうつ病で精神科のクリニックに通院しており抗うつ薬と共に抗不安剤を処方してもらっています。

処方してもらっている抗不安剤は「レキソタン」という名前の薬でこの薬の特徴は不安に対してだけでなく一時的ですが抗うつ作用もあるのが特徴です。

「レキソタン」は頓服として不安感が高まってきた時や抗うつ薬を服用していても、うつの症状がひどい時に服用しています。

ただ「レキソタン」を服用すると不安感やうつ症状が改善されますが眠気を伴い仕事などで集中力や注意力を必要とするときにはできるだけ服用しないようにしています。

今まで精神安定剤は「デパス」を服用した経験があり「デパス」は精神安定剤の中でも比較的効果が弱く、飲み始めの頃はいいのですが服用を続けていくうちに抗不安効果があまり実感できなくなり「レキソタン」に変更してもらいました。

精神安定剤や睡眠導入剤は飲み続けていくうちに少しずつ効果が弱くなっていくのが難点です。

現在、服用している「レキソタン」も同様に飲み始めた当初は抗不安効果と抗うつ効果がはっきりと実感できていましたが飲み続けていくうちに効果が弱まり、飲み続けても効果が弱まらない精神安定剤を製薬会社に開発してもらいたいです。

(大阪府、tack1979さん)




パニック障害でレキソタンやソナラックスやメイラックスの安定剤を飲んでいます。

本当に今の時代はストレス時代で何かの具合の悪い体の不調をきたすことは本当にあることで内科でも何も問題はなくていろんな検査の結果ストレスが原因だったりまた自律神経の乱れによって引き起こされている症状であったりと本当に今の時代の精神的な病は多いものです。

心療内科や精神科は抵抗がある方も多いと思いますが、絶対にいったほうがいいですよ。

私はパニック障害をわずらわっているもので長い間精神安定剤を服用しています。

ベンゾジアゼピン系の精神安定剤でレキソタンやソナラックスやメイラックスなどの安定剤を飲んでいます。

本当に辛い症状が出たときにこれらを頓服で飲んだり仕事の時は朝に服用することによってかなり症状がやわらぎますし症状がでにくくなります。

ですから今もずっと服用しています。

これらの薬は長くつかっているとききにくくなるといわれていますが定期的に量を一定で服用しているとそんなことはないとおもいます。

私は7年飲んでいますが本当に最初の容量でもよくきいていますよね。

ですからみなさんも我慢せずに心療内科にいってみてくださいね。

我慢しないようにしてください。

安定剤は本当に自分にあっているものを見つけ出すことができると本当に役にたってくれるお守りみたいなものですよ。

(兵庫県 たけし あっきんさん)




私が体験したパニック障害に対する対処法と、その後の予防に関するお話

以前に私は人の多い電車の中で突然パニック障害になってしまったことがありました。

私は以前から極度の緊張持ちで、何か特別なことがある日などには何時間も前から人一倍緊張してしまう体質でした。

しかし、そのパニック障害になった日は特別もの凄く緊張するような出来事やイベントがあったわけではなかったので自分自身驚きました。

何にしてもその場で電車に乗り続けられる状態ではありませんでしたので、すぐに一番近い駅で下車して駅のベンチに座りました。

その時の実際のパニック障害の対処法ですが、私は以前気持ちの問題で都立病院の神経科に通院していたことがあり、その際に不安時に飲むと効果があるお薬を頂いていましたので、まずはそのお薬をお水で飲みました。

お薬の名前は『レキソタン』という名前のもので、不安な気持ちが自分でコントロール出来ない際に飲むための、神経に効果を発揮するお薬です。

パニック障害になってしまったそのときにレキソタンを持っていて本当に良かったと感じます。

その後は取り敢えず無理に動かず、家族など信頼出来る人へ連絡を取って、気持ちを落ち着かせました。

私は20分ほどその場から動かないで、水を飲んで自然と落ち着くのを待ちました。

後日、私は先ほど言いました神経科に行くと、医師の方から「疲れていたので神経が情緒不安定になっていたのと、人混みの中にしばらくいたのが原因の中にあると思う」と言われました。

それと、先ほど私が書いたパニック障害発症時の対処法はかなり良かったと言って頂けました。

それからは体調がすぐれないときはあまり無理せず、あまりに電車が混んでいる際は時間をづらしたり、予めお薬を飲んでおいたりして先に予防しています。

以上、私が体験したパニック障害に対する対処法と、その後の予防に関するお話でした。

(東京都 トロロさん)