3種類の精神安定剤の服用経験(ドグマチール、メイラックス、ワイパックス)

3種類の精神安定剤の服用経験があります。
それぞれについて個人的な感想を述べさせていただきます。

<ドグマチール>
この薬がベースになっていました。

1回の服用が2錠(50mg×2錠=100mg)で1日2回でしたので、比較的弱い薬だと思います。

胃腸の働きを整え、気持ちを安定させる働きがあります。

副作用はあまりないようですが、私の場合、たまに眠たくなることがありました。

はた目から見てもボーっとしているように見えるようで、会議中などには何度か指摘を受けました。

(「薬のせいだ」といえば納得してもらえましたが)

長期間服用したための副作用で、太ってしまいダイエットを敢行することにもなりました。

<メイラックス>

この薬は効果が比較的やさしく、長続きするので1日1回の服用でした。

神経の働きを安定させる作用で、不安やストレスを抑える効果があります。

眠気はそれほど感じませんでしたので、副作用は弱い方だと思います。

ただ「飲酒時には服用しないこと」と注意されて処方されましたので、お酒好きの私には拷問のようでした。

<ワイパックス>

この薬は特に精神的につらいときに、頓服薬として服用していました。

前述のメイラックスよりも効果が大きく、比較的強い薬だと認識しています。

「精神的ストレスを緩和する=注意力低下、眠気」と考えることもできます。

危険作業をするような場合には、服用しないこととの注意を受けて処方されました。

どの薬もそうですが、その大小はあれ基本的にボーっとします。

周りの人の理解も必要かもしれませんね。

(奈良県 A-24さん)




軽い不安にはワイパックスが最適

日常作業をする時に、どうしても微量の不安を感じる事がありました。

なんとなく不安で、やる気も起こらないなぁ、といった具合です。

カウンセラーに相談したところ、とあるクリニックを教えてもらえました。

そこで処方して頂いた精神安定剤が、ワイパックスでした。

ワイパックスを飲むと、少しだけ元気になると言うか、やる気が出ると言うか、楽しい感覚がやってきます。

不安が無くなる、リラックスできる方向とは違った、「楽しさ」から来る精神安定剤といった感じです。

また、効果のある時間が比較的ながく、「あ、効果が切れたな」と感じさせないのもワイパックスの特徴だと言えます。

ただ、飲んだ直後から1時間程度でお腹のあたりに違和感が出ることがあります。

毎回ではありませんが、お腹が空いているというか、ワクワク感が止まらない感じです。

別に不快ではないのですが、飲み始めたころは驚いた思い出があります。

クリニックの医師にも伝えましたが、軽い副作用だろうとのことでした。

軽くうつ病的な考え方をしてしまっているとき、軽い不安を楽しい気持ち・ワクワクした気持ちに変えてくれる精神安定剤です。

今でも頓服で使っています。

ショッピングに出かける前に、店員さんへの恐怖が薄れるので大いに楽しむ事ができますよ。

(埼玉県 フォラグランさん)




使用法によっては効果絶大のワイパックス

精神安定剤のワイパックスが私に生活の一部になってから2年は経っています。

一時期はやめようかと思ったのですが、ワイパックスの効果の高さを実感できてからは、定期的に使っています。

まず、ワイパックスの効果ですが、気分が楽しくなります。

鼻歌が自然に飛び出すようになり、うつ病的な気持ちは無くなると言えます。

そして、おしゃべりになることも特筆すべきでしょう。

しかし、この効果が毎回得られないことがあり、一度やめかけました。

が、しっかりとノートに記録を取った結果、2点注意をしなくてはならないことがあると判明しました。

第一点目は、連用しないということです。

毎日の服用は避けた方が無難です。

頓服的に使用する方が高い効果が得られます。

第二点目は、空きっ腹に飲むということです。

おそらく、この方法は医師は勧めないでしょう。

しかし、胃に潰瘍があるという場合以外はほぼダメージはゼロです。

こうすることにより、胃から多くが吸収され効果が高まります。

テンションが高まり、楽しくなると、躁病のような状態になるのではないかという疑問もわくでしょうが、躁まではいきませんし、知らないうちに食べ物を食べているということもありませんので安心です。

ワイパックスの使用法を考えて、不安と上手に付き合っていきましょう。

(埼玉県 着岸禁止令さん)




パニック障害のためメイラックスを服用しています。

2011年に起きた東日本大震災がきっかけで、パニック障害になった友人がいます。

友人が毎日服用している精神安定剤は、「メイラックス」です。

就寝前に1錠~2錠服用するとのこと。

この薬を飲むと、深く良く眠れるそうです。

また、パニック障害特有である発作(動悸、息切れ、過呼吸、手足のしびれ、めまい等)が起きそうな時や、起きてしまった時に飲む頓服薬として、「ワイパックス」を常に持ち歩いています。

苦手な場所(電車、会議、美容院、歯医者等)で発作が起きる前や起きてしまった時に飲むと、発作が起きずに済んだり、発作が起きたとしてもだいたい5分~15分以内に発作が治まるとのことです。

彼女はなるべく薬に頼りたくないという気持ちがあり、何度か担当医に相談し、減薬・断薬をしたとのこと。

調子の良いときはスムーズにいくそうですが、体調には波があり、特に季節の変わり目や多忙な日が続いたとき、ストレスがかかるような事が起きた時は、やはり薬に頼ってしまうそうです。

彼女にとって薬はよく効く様で、飲めば気持ちが大変楽になり、自分が病気であることを忘れられる程だとも話していました。

最近はメイラックスやワイパックスと共に、漢方薬も取り入れるようになったとのこと。

漢方薬が効けば、メイラックスやワイパックスを減薬・断薬することができるのではないかと期待していました。

(東京都 インテリアグリーンさん)