学校行事に欠かせないソラナックス

5年前にパニック障害になり、それ以来精神安定剤が欠かせません。

ソラナックスを頓服として利用しています。

私には二人の子供がいるので、授業参観などの学校行事に参加しなくてはいけません。

その時は毎回必ず服用しています。

もし学校でパニックを起こしてしまったら、もう二度と学校行事に参加できない気がしますし、子供に迷惑をかけたくたいので、薬で抑えられるのであれば、それで良しと思い、薬の力を借りています。

飲んでもすぐには効果はありません。

しかし飲んだという事実が、私の気持ちを落ち着けてくれます。

30分後ぐらいから徐々に効き目が表れるようです。

自分でも服用後は少しハイテンションになっでているのではと感じるときがあります。

恐らく誰も私が心療内科にかかっており、精神安定剤を服用しているとは気づいていないと思います。

子供の為にもなるべく学校行事には参加するようにしていますが、長時間となるとちょっときついです。

薬の効き目ももって4時間ぐらいかなと思います。

ちなみに帰宅後は、一気に疲れが襲ってきますし、睡魔が襲ってきます。

なので、が学校行事があるときは、必ずといっていいほど夕飯を事前に作ってから出かけるようにしています。

(東京都 さわざわさん)




腹痛を押さえる為に精神安定剤を飲んでいます。

私が精神安定剤を飲むのは、いつも腹痛に対してです。

メンタル的なことが原因で腹痛や下痢が起こるらしいのです。

また、下痢をしていなくても痛みだけはいつもあります。

最初はソラナックスを半錠、朝だけ飲んでいました。

これでも随分腹痛が楽になりました。

今は消化器科でサインバルタとメイラックスを飲んでいます。

サインバルタは吐き気が出てしまうので、吐き気止めと一緒に飲んでいますが、慣れてきたら吐き気も収まるそうです。

以前は心療内科でデパスを処方されていて、1日1錠飲んでいたのですが、サインバルタやメイラックスの方が依存性が少ないということと、サインバルタは神経に作用するので、痛みを取る作用もあるということで、こちらに替えることになりました。

サインバルタを飲むまでは、毎日午前中は腹痛と闘っているような感じでしたが、1回飲んだだけで翌日は腹痛から解放されたのには驚きました。

吐き気があったので一度パキシルにしましたが、パキシルは私は腹痛には効かなかったので、吐き気止めを飲みながらサインバルタでやっていくことにしました。

本当にあの腹痛の辛い日々はなんだったのだろうと思う程、腹痛はなくなったことから、私の腹痛はメンタルな面からくるものだということもわかりました。

先生はメンタル的なことにも精通していらっしゃるので、良い先生に出会えて幸運でした。

(埼玉県 ツタンらーめんさん)




診療内科で処方されたソラナックス飲みました。

自分は仕事のストレスが蓄積し落ち着かず、仕事中に動悸や過呼吸、家ではお腹が空いてるのにご飯がのどを通らなかったり、熟睡した感じがなかったので、心療内科に受診することになりました。

そこで処方されたのがソラナックスでした。

ソラナックスを朝半錠、寝る前半錠を飲みましたが、飲んで3日くらいで気分が落ち着いてきて、動悸や過呼吸、ごはんものどを通るようになり、熟睡することができました。

ただ気になった副作用で、眠気やふらつきがあると聞いていましたが、飲み始めは眠くなりましたが、薬に慣れたせいなのか眠くなくなりました。

1度、半錠のところ誤って1錠飲んだことがあったんですが、飲んで30分くらいで異常な眠気がきて、立てないほどふらついたので寝ようとベットに行こうと思ったら、壁に張り付きながら歩き、終いには這いながら行きました。

1度飲み忘れた時があり、最後に飲んで1日してから症状が再発して、すぐに飲んだら30分くらいで落ち着きました。

また依存性があると聞いて、気分が落ち着いたら薬の量を減らそう何度も試みましたが、症状が再発してしまい、またやめたら再発するのか不安になってしまい、なかなか薬やめられない現状が続いています。

(神奈川県 M.Tさん)




うつ病で飲んでいる精神安定剤

うつ病にかかって、7~8年くらいです。

精神安定剤と呼ばれる種類の薬としては、レキソタン、ソラナックス、リーゼを飲んだ経験があります。

他にも睡眠導入剤、抗鬱剤など何種類か飲んでいますが、ここでは割愛します。

レキソタンは今も継続して飲んでいる薬です。

私は何かあるとパニックになってしまうので、これを飲むことで精神を落ち着かせて、むしろぽんやりするくらいの状態にしてくれています。

なので、眠くなりがちで昼寝は欠かせません。

昼寝する事は、先生も推奨してくれています。

ソラナックスは、のどの詰まりが酷かったときに出されていました。

一時期、何をするにしてものどが詰まった感じがして、食事をするのも辛い状況でした。

ソラナックスで、のどの詰まりを少しなくして、なんとか食事するくらいまで持っていっていました。

リーゼは、頭の中がわんわんしてきたとき、頓服薬として出されていました。

最近は病気もよくなってきていて、次減らすとしたらレキソタンだと先生はおっしゃっていました。

以前は、調子悪いことを先生に言うと、そこから雪だるま式にどんどん増えていって、両手に収まらないくらいの薬を飲んでいましたが、病院を転々として、今の先生に巡り合ってからは半分くらいに薬も減り、調子もよくなってきました。

なんとか一人で外に出る事もでき、少しずつ病気は良くなっています。

(千葉県 とろろさん)




精神安定剤ソラナックスを飲んでいた頃のこと

会社で動悸や冷や汗が出るようになり、上司のすすめで心療内科に足を運んでみたらうつ病と診断されてしまいました。

気分の浮き沈みも激しくなり、気がつくと突然涙を流していることがあったり、感情をあらわにしていることなどもあったんです。

夜もなかなか眠れなくて何日間もほぼ寝ないで過ごしたこともあります。

そんなときに医者から処方されたのがSSRIという抗うつ剤と精神安定剤を出されました。

確かソラナックスという薬だったはずです。

しばらく飲み続けておりましたら、確かに精神の浮き沈みは減ったように感じます。

自分が薬を飲み続けることによって症状が緩和されてきたというのもあると思うのですが、以前はテレビで虐待された子供たちの特集がやっていると、ついつい感情が荒ぶっていたのがなくなったんです。

確かに子供たちに対する同情する気持ちなどの悲しい気持ちにはなりますが、それによって涙を流してというところまではいかなくなったのです。

感情に抑制がつくようになりました。

始めてこういう薬を飲んだので、とても不思議な感じでしたね。

うろ覚えですが、精神安定剤を飲むと身体がふわふわしたように思います。

薬を飲むだけでそうなるのですから、少し恐怖を感じていました。

飲むことに対する抵抗というのもないわけではありませんでしたね。

(東京都 らりほーんさん)